読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その魅力は宇宙規模

オタクの戯言。

私と関ジャニ∞

私と◯◯シリーズ その4

 

 

 

 

 

 

 

このグループにハマったのは、他でもない大倉忠義との出会いからです。

 

 

 

2007年、必殺仕事人の新シリーズが始まると聞き、見ていたところに突然現れたのが彼でした。

 

 

「この人背高いしかっこいいしシュッとしてるし演技上手いな〜誰だろうな〜」

「(エンドロールで名前を見て)おおくら…ちゅうぎ??ちゅうぎ??すげー名前だなちゅうぎ!」

「主題歌歌ってるのか!いやこの人歌上手いな!」

 

 

後々調べて ただよし だと知ります。

大倉くんごめんね本当にちゅうぎだと思っていました(笑)

でもここからずっと変わらず大倉くんが好きです。

年数で言ったらそれこそ嵐と同じくらいになります。

 

 

キャラクター的にも源太くんはすごく好きだったので、途中で死んだ時はまじでショックでした。

いやいや途中で死ぬなんてことがあっていいのかよと。

まあ最後まで見たけどね。

 

 

とまあここで興味を持った大倉くん。

次はグループに興味を持ちます。

 

 

翌年2008年、何かの音楽番組で(おそらくMステ)関ジャニ∞を見ます。

その時は本当に名前も顔も分からなくて、知っていたのはすばるくんと錦戸くんと大倉くんだけ。

もうあとは本当に誰状態でした。

 

その状態で見たのが「急☆上☆show!!」

あれ?この人たちめっちゃ楽しそうだな?

大倉くんドラム出来るの??

大倉くんめっちゃかっこいいな??

ひとりじゃないよ!って何それセリフ??

 

 

さらに興味がわきます。 

 

 

そしてちょっとあいて2012年。

そうです。

LIFE〜目の前の向こうへ〜」です。

これを音楽番組で見てハート持って行かれました。

関ジャニ∞って楽器出来るんだ。

バンド演奏が出来るんだ。

大倉くんドラムめっちゃかっこいいじゃん…。

しかもソロパートあるじゃん超いいじゃん…。

 

 

その頃、前述したWEAVERとかflumpoolとか、バンドがとにかく好きだった私にとってはハマらない理由がありませんでした。

 

即メンバーの顔と名前を一致させます。

 

さらにさらに興味がわきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転機が訪れたのは2014年。

ちょうど私が専門学校を卒業して働き始めた年です。

 

 

特に用事がなくてもCDショップに行くことが好きで、ひとりで出かけた時には必ず行くようにしています。

 

その時も行ったんです。

そこで発見したんです。

「JUKE BOX」を。

 

関ジャニ∞のライブって面白くて楽しいって聞くし、ひとつくらい買ってみてもいいかな〜!」

「お、初回盤残ってる!これにしよ!」

 

なんとも軽率な動機で購入したDVD。

それが関ジャニ∞沼の始まりでした。

 

 

 

 

 

スクリーンに映るFINALの文字。

バンドで始まるライブ。

私の知らない関ジャニ∞、私の知らないジャニーズのライブがそこにありました。

 

それまで私が見たことあるジャニーズのライブって嵐だけだったんです。

嵐はまさにアイドルの王道ど真ん中を行く演出。

キラキラが似合うような人たち。

 

それとは全く違うものに圧倒されたのを覚えています。

あのOPは何回見ても鳥肌が立ちます。

 

 

バンド、ユニット、バラード、、、

もちろん私の知っているシングル曲もあったけど、バンド演奏に心打たれましたね。

 

 

特に「Your WURLITZER」からの「West side!!」

最高。最高以外に言葉が見つからない。

 

ああ、この人たちは音楽が好きなんだな。

歌うことも演奏していることも。

とにかく音楽が好きで好きでたまらないんだな。

そんな感情が全面に出ているのを見たのは初めてでした。

ましてやジャニーズ。ましてやアイドル。

こんなジャニーズがいたことを私は知りませんでした。

 

 

 

 

 

このDVDを見て数日後にはFC入会手続きをし、「関ジャニズム」で初参戦を果たしました。

 

2015年1月8日(木)京セラドーム

仕事5勤後に行ったあのライブを忘れるなんてことは一生ないと思う。

 

以来、ありがたいことに毎年ライブに行かせていただいています。

 

とにかくライブが楽しい。

楽しくてしょうがないんだよこれが!!

 

アイドル的なキラッキラした曲も、がっつりダンスをする曲も、みんなで一緒に踊ってわいわいする曲も、バンドでかっこよくきめる曲も、ノリ方が自由!

それはきっと多彩な楽曲のおかげ。

 

歌って騒いで飛び跳ねて、こんなに楽しいもの、もっと早くから知りたかった…と思うばかり。

 

あとMCが面白すぎる。

あんなにお腹抱えて笑ったMCは関ジャニ∞が初めてでした。

中身はほぼない、むしろ楽屋でもできそうなものをドームで、何万人という前でやる。

めっちゃくだらないんだけどめっちゃ面白い。

ああやっぱり関西人だな〜ってそういう時に思う。

あと単純に関西弁が好き。

 

その関ジャニズムのMCがダイジェストとはいえ、全公演分見られるんだから本当にいい仕事してくれてありがとうございますインフィニティレコーズ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして私は着実に沼っていきました。

もう抜け出せない。

まあ抜け出す気はさらさらありません。 

 

 

 

そして大倉くんがさらに大好きになりました。

もう31歳とはいえ、エイトの中では末っ子。

お兄ちゃんたちに甘やかされてすくすくと成長したビッグベイビー。

ドッジボールをしたらコソ倉発揮。

スポーツしたら手と足が変になる。

時々出ちゃうオネエ仕草。

ご飯をめっちゃ美味しそうに食べる。

食べるの大好きなのに甘いものはそんなに得意じゃない。

最近名前でメンバーにいじられる。

ライブに合わせて完璧に見た目を整えてくる。

彼が笑っている世界は平和。

歌上手い。ダンス上手い。

素面でカラオケ下ハモ熱唱しちゃう。

ドラムかっこいい。

ドラムめっちゃかっこいい。

とにかくかっこいい。

スーパーウルトラかっこいい。

究極、何させてもかわいい(末期)

 

 

そんな何させてもかわいい彼の言葉も好きです。

 

グループの良いところ悪いところ。

自分は、自分たちは、今こういうところにいる。

これからもっとこうしていかなきゃいけない。

そのためにはもっと頑張らなきゃいけない。

きっとグループを1番客観的に見ているのは彼だと思います。

1人の人間として、自分の言葉で、自分の思いを伝える姿が好きです。

そして最後には また来てね とか またここで会いましょう とか、そんな言葉を言ってくれるのも好きです。

 

 

夏から始まるツアーもどうか会えますように。

もうお腹痛くならないでね。

 

 

 

周りにたくさんいる緑を身につけた可愛い方々に負けないように、次もこのうちわを待つのです。

 

『大倉くん1位です』

(ANNサタデースペシャル参照)

 

f:id:universeee357:20170220224234j:image