人生ゲーム

ジャニと邦ロックとニチアサの民

夢だけど夢じゃなかった

 

 

 

4月15日(日)9:35
関ジャニ∞FCよりメール伝言板
あのメールが届いた時、皆さんはどこで何をしていましたか?

 

私は会社の同期であり、大事な友人でもある子の結婚式当日で、会場に向かうために友人と待ち合わせをしていました。控え室で友人や同期と歓談しながらメールを開き、URLをクリックして見たものは、それまでの幸せな気分を覆すもの。ああ、ここ数日噂されていたことが事実になってしまったと思いました。

 

みんな私が関ジャニ∞のファンだと知っているから平気なフリして気丈に振る舞っていたけれど、実際心の中は本当に無理でした。気を緩めたらすぐにでも涙が出そうで、吐きそうでした。


そして、みんなと別れた帰り道。電車の中の私の顔は、たぶんこの世の終わりかよと思うくらい暗い顔だったと思います。Yahoo!ニュースのありとあらゆる記事を読んでは落ち込み、また読んでは落ち込み。帰ってきて鏡見て「ひどい顔だな」と自分で思ったくらいです。

ブーケトスでブーケを取ったり、久しぶりに会えた友人や同期とたくさん話したり、披露宴で泣いたり、たくさんの幸せを貰ったはずなのに、家に帰ってひとりになった途端に襲ってくる絶望感。

 

 

この日の夜 Mr.サンデーで会見の模様を初めて見て、現実が受け入れられなくて泣きました。笑顔がなくてスーツで真面目に会見に臨む姿に嘘はないと分かっていても、やっぱり信じられない、というよりも信じたくない気持ちでいっぱいでした。翌日はたまたま仕事が休みでしたが、家から一歩も出ずにテレビを見ては泣き、時にはぼーっとして、何もする気が起きませんでした。

音楽はもちろんバラエティーも演技も何もかも全力で、辞める理由が考えられなかった。というか思いつかなかった。思い当たることがなかった。でも、残るメンバーに迷惑をかけてしまうことも人生を変えてしまうことも承知の上で、自分の人生を優先したすばるくんを誰も止めることが出来なかったのは、当然といえば当然かもしれません。それだけ意思が固く揺るがないのがすばるくんらしさだなとも思いました。この決断をしたすばるくん本人はもちろん、すばるくんの人生を後押しする、応援するということを決めた6人のメンバーの決断もまたすごいものです。

 

 

「今日という日が本当に来ないでほしかった」という会見での横山くんの言葉も「すばると袂を別つ事になる人生は想像していなかった」という村上くんのコメントも、まさにその通り。
そもそも、こんな日が来るなんてメンバーもファンも含めて誰も想像していなかったはずです。FRIDAYに書かれた時だってネット上では誰もが否定していたし、そんなはずないだろ何言ってんだよと私も思いました。でも現実になってしまった。しかし、すばるくんがメンバーに告白したという2月15日以降全くそんな素振りを見せず、変に憶測する隙を与えなかった関ジャニ∞はやっぱり"アイドル"だと改めて思いました。

 

 

綺麗事ばかり並べたけれど、本当のところは『辞めないでほしい』これしかないです。アイドルでいてほしい、関ジャニ∞でいてほしい、7人で歌って踊ってバンドしてバカやってほしい、7人で夢を追いかけてほしい、その姿を見せてほしい、 もうすぐ15周年なのになんでなの、もう7人でドームに立つ姿は見られないの、ずっとずっとこんなことを考えては泣きました。


不安だってたくさんあります。ありすぎるほどに。すばるくんのソロパートは誰が歌うの?ダンスフォーメーションはどうなるの?レッドのいないエイトレンジャー?すば子のいないキャンジャニ?テレビ番組は?CMは?
2ヶ月かけて7人が出した答えをたった数日で受け入れることなんて私には出来ません。

 

 

こんなことを言っては何ですが、別に辞めなくとも留学は出来るし勉強も出来るんです。もちろんその期間個人の活動はなくなるし、グループの活動も休止もしくは制限されるけど。KAT-TUNの赤西くんはそのカタチを取ったし(結果辞めてしまったけど)、私の好きなバンドのWEAVERはメンバー3人全員で数年前に半年間ロンドン留学をしています(しかも結構突然に)。きっと他にも同じようなことをしている人たちがたくさんいると思います。でもすばるくんはそれをしなかった。グループにいながらできなくはないと分かっていながらも、やっぱり逃げ道を作りたくなかったのだと思います。退路を断つとはまさにこのこと。

 

 

「それは関ジャニ∞にいて叶えられない夢なのか」
「日本でも勉強できるんじゃないか」
「僕たちの人生は続くってわけじゃなく変化するわけでその上での決断なのか」
疑問に思ったことはそのままぶつけたという大倉くんの言葉ひとつひとつがあまりにも素直で、きっとファンに一番近い目線でいろいろと聞いてくれたのが彼だったんだと思います。実際、私が疑問に思っていたことはまさにそれでした。会見中は表情から見て取れるくらい不機嫌だったし拗ねていたけれど「勝手な判断をしたすばるくんのことを嫌いになれなかった」というこの言葉が全てでした。

 

『残るメンバーの人生が変わることが分かった上ですばるくん自身の人生を優先する勝手』なのか。『俺たちを今まで音楽で引っ張ってくれたのはすばるくんなのにいきなり自由にしてくれるなよという勝手』なのか。はたまた別のことなのか。「勝手な判断をした」という言葉の真偽が何なのかは分かりません。でも、それが何なのか分からなくても、嫌いになったのなら会見には同席しないなって思うのです。嫌いになれなかったから、何を言うのか隣で聞きたかったから来た。なんとも大倉くんらしいです。そんなところが好きです。

普通だったら当事者のすばるくんだけ出席すれば話は済むこと。安田くんは怪我で来られなかったけれど、メンバーが揃って出席した今回の会見は、あらゆるメディアで"異例"だと言われていました。でもそれは「ファンには自分たちの口から直接告げたい」という想いと「すばるくんを1人には出来ない」という絆からだったなんて、ああもうこれだから大好きなんだよ関ジャニ∞。会見の席の並びを一目見たら愛が伝わるよ。
大げさに言うと「なんでだよ!!」って殴り合いの喧嘩になったっておかしくないはずです。でもそれをすることなく2ヶ月かけて話し合った意味がきっとこの会見の、メンバー1人1人の言葉にあったのかなと感じています。

 

 

14年って長いですよね。0歳の子が中学2年生になるんだから。あまりにも長い。その14年を丸々追いかけている方もいれば、ジュニア時代から追いかけている方もいるでしょう。対して私は、FC歴4年。関ジャニ∞に興味を持ったきっかけはLIFEを聴いたこと。FCに入ったきっかけは「関ジャニ∞のライブってコントとかあって面白いらしいからひとつくらい買ってみようかな〜」と内容を全く調べずにJUKE BOXのライブDVDを買ったこと。初めてのライブは3年前の関ジャニズム大阪初日。長く応援している方に比べたらすごく短い。けれど、いつのまにかこんなに心が動かされて悲しむほどに、私は関ジャニ∞を好きになっていたんだなと気付きました。

 

 

 


ここで突然ですが『帰ってきたドラえもん』の話をします。
いつものようにジャイアンにいじめられていつものようにドラえもんに泣きつくのび太。でもドラえもんはなぜか憂鬱。その理由は突然未来の世界に帰らなければいけなくなったから。帰ったら最後この世界には戻ってこられない。のび太は必死で止めるけれど、別れが辛そうなドラえもんを見て、別れを受け入れドラえもんを送り出すことにしました。ドラえもんのび太が一緒に過ごす最後の夜に2人は街を散歩をします。途中でドラえもんが少し離れた間にジャイアンが現れて、のび太に喧嘩をしかけます。いつもならすぐドラえもんに泣きつくのび太ですが、ドラえもんの心配を払拭するべく無謀なことが分かった上で、のび太は1人でジャイアンに挑みます。
その時にのび太ジャイアンに向かって言ったセリフがこれです。

 

 

 

 

f:id:universeee357:20180418005043j:image

 

 

 


ドームツアーにすばるくんが出ないことを知った時は驚愕しました。けれどそれを決めたのはメンバーだと知り、ものすごい覚悟を感じました。その時に『帰ってきたドラえもん』を突然思い出しました。こののび太のセリフが重なったから。「6人で出来ることを証明しないとすばるくんが安心して旅立てない」みたいな感じかなと勝手に想像しました。
6人でやることを一番不安に思っているのは他でもない6人のメンバーなはずです。でもやると決めた以上は私もそれを見たい。今回のことを完全に受け入れるにはまだ時間がかかるけど、この先もずっと応援すると決めているから。すばるくんのこれからの活動がどんなカタチになるかまだ分からないけど、私は海を越えられないから日本から見ているね。変わらずに応援します。

そしてすばるくんが海外から帰ってきた時にはめちゃくちゃかっこいいコラボしたり、楽曲作ったり、雑誌で対談したりしてほしい。お互いに後悔しないくらいにめちゃくちゃ大きくなってほしい。


そして、7人を繋げ離れる理由になってしまったこの『音楽』が、どうか『音が苦』にならないでほしいと願うばかりです。私は中高6年間吹奏楽部で『音楽を音が苦にするな』と散々言われてきました。もちろん苦労することなんて山ほどあるんだけど、最終的には楽しむものだからと。
こうなってほしい!と思うことはいろいろあるけれど、最終的には全員が笑っている幸せな未来であれば何でもいいです。この出来事をいつの日か笑い話に出来る日が来たらいいな。私も関ジャニ∞も。

 

 

最後に、私が"関ジャニ∞渋谷すばる"をすごいと思った1番の出来事を書きます。
ライブDVD「JUKE BOX」のYour WURLITZERで、ステージのセンター真下から出てきて大サビを歌うあの姿。単純にすごいとしか思えませんでした。そこからの West side!!は圧巻でした。ああ、この人は関ジャニ∞のメインボーカルでフロントマンなんだなと思わされた。歌声も存在感も何もかも圧倒的すぎた。完全に心奪われた瞬間でした。
私も感謝しかないです すばるくん ありがとう。

私はこの先もずっと9月22日は2つの記念日を祝い続けます。

 

 

 

アイドルに永遠も当たり前も絶対もない。けど、そんな儚い存在だから追いかけてしまうのかもね。なんちゃって。

ジャニーズWEST結成4周年に寄せて

 

私が彼らにハマったきっかけは他でもない昨年のライブツアーなうぇすとなんですが、存在はもっと前に知っていました。

 

だいぶ前にも書いているのでかぶりますが、デビュー直後のMステもVS嵐も見ていたので、その時点で顔や名前も分かってました。
だけど私が知っていたのはデビュー後の話で、デビュー前にいろいろあったことは何も知りませんでした。

あのカウントダウンコンサートも見ていました。

たしか、3人だけステージに上がって、一人が年齢制限の関係でステージ下でグループ名の書かれた大きな紙を持ってのデビュー発表。

今思えば、ステージ上にいた3人が重岡くん・中間くん・桐山くんで、ステージ下にいたのが小瀧くんなんですね。
当時は「新しいグループがデビューするんだなー」くらいにしか思ってませんでした。

 

それが現在のジャニーズWESTだと知ったのはMyojoの1万字インタビュー。
ライブ後に彼らのことをいろいろ調べようと思い漁っていたところ、誰かがまとめて文章をアップしてくれたものを偶然見つけて読みました。
もう、なんだろう。読み終わった時に何も言葉が出てこなかった。
ひたすら泣いて、泣きながら全員分を読みました。

 

ちょうど1年前WESTに堕ちた時に友人にシングルを借りてMVをいくつか見たんですが、歌割りとかフォーメーションに偏りがあるなってなんとなく思ってはいました。
まあ気のせいかな〜!程度で。

でも気のせいではなかった。
改めて並びとかを見て「ああ、そういうことか。」って。
『ええじゃないか』なんて「全然良くないよ」って思った。思ったけど、メイキング見てびっくりした。
全員が口を揃えて「デビュー出来て嬉しい」と言っていたから。
そりゃ映像に残るものだから変なこと言えないのはあるけど、それにしても、です。
絶対に気付いているのに誰もそんな素振り見せなくて、7人全員楽しそうに歌って踊って。
「デビュー出来て嬉しい」という言葉に嘘はないと確信しました。

 

 

 

「国民的グループになりたい。そのためには絶対に3人が必要。3人が必要と思ったのは情ではない。」

 

たしか重岡くんがこんな感じのことを1万字インタビューで言っていた気がします。
ずっと一緒にやってきた仲間に「情ではない」と言えるのはすごい。
それだけみんなを信頼しているということだし、ずっと見てきたということなんだろうなと。
最後まで諦めていなかったのも重岡くんだというから。
徐々に風向きが変わって、諦めなかったからこそある今。
7人でデビューすることを宣言したあの舞台を観に来ていたファンの方々は何よりも嬉しかったんだろうなと思います。

 

彼らのジュニア時代のことはほとんど知らないから「あのグループには誰がいて、誰が抜けて、他にはどういうグループがあって、、、」みたいなことが私には分かりません。
だから1万字インタビュー読んでいて初めて知ることがたくさんありました。

それでもジャニーズWESTを応援したいなと思ったのは、単純にこの7人が良いと思ったから。好きだと思ったから。
もちろんライブを見たあとというのもあるけど、歌もダンスもみんな上手いし喋りは面白い。
この7人見てたら自然と笑顔になれるなと思ったのも理由です。


時に、神山くんは事あるごとにメンバーカラーの話をしてくれるのが大好きです。
虹はどの色が欠けてもダメということ。
虹を見たらほっとするように、自分たちもそういうグループになりたいということ。
私はまだ1年しか見ていないけど、1年でも十分私にとってはほっとするし、元気が出る大きな存在になっているよ。

 

 

 

私の大好きな歌にこんな歌詞があります。

 


僕を手放すのは僕だ
誰の言葉も動かせない
後ろ指さされても 前だけを向けるよな?
正解が何もない世界でも
問題は無限に溢れてる
きっと間違いもないから
迷わずに行けるよな? 大丈夫

 

どの道が正解かなんてないんだろうけど、私はこの道を歩んでくれた彼らを好きになりました。
ファンを誰一人置いていかないと言ってくれる優しさ、自分たちとこれからも一緒に歩んでほしいと言ってくれる力強さ。
諦めなければ夢が叶うということを教えてくれた7人が照らす道はとても明るいです。
彼らが導いてくれる限りは迷わずについていきたいなと思っています。

 


今日はジャニーズWESTの結成日。
誕生日おめでとう。
7人でいてくれてありがとう。
出会えて本当に良かったです。
これからも素敵な虹を描いてください。

 

私はこれからもオタクするために頑張って働きますね!

 

私が堕ちたなうぇすとが発売されました!

 

表題通りです!
「なうぇすと」DVD&Blu-ray発売おめでとうございます!(遅い)

というわけで、誰も待ち望んではいないでしょうが、そちらの感想を長々と語彙力の無さ全開で、なおかつ私が行った宮城公演の模様もちょっと混ぜつつお送りします。

 

まず最初のPARTY MANIACS。
私はこの曲を「神山智洋神山智洋による神山智洋ファンのための楽曲」だと勝手に解釈しております。

あれを見て正気でいられる神山担はいるのか、いや、いない。
以下パリマニの好きなポイント箇条書き
・堂々とセンター張って入場
・最初の表情
・あの微笑み
・絶妙な斜め角度
・「今夜だけは Little bit wild You can take it to the head」の「head」のところで頭を指すあのしぐさ
・フェイク
・ダンス
・いい意味でエロい
・いやもう全部かっこいい

後にやるチョエクもですけど。いい意味でエロいです全員。もれなく全員。

だからこそ2曲目のUnlimitedの可愛さね。
もれなく全員可愛いカワイイKawaii!!
アンド ここでもセンターでバシッとキメる神山くん超かっこいい(自担に激甘)

そして再び色気を見せてくるのが King of Chance
まずここで特筆すべきはツインですね。
ソファに座るツインが眩しい。
他の公演は分からないのですが、私が宮城公演に行った時に、ソファに座るツインがモニターにばーん!と映りまして、帰り道に友達に「あの!あれやばくなかった!?あの!小瀧と流星!!!」って話しながら帰ったの今でも覚えています。
美の暴力ってあのことですよね…。
画面潤った潤った…。
君たちが私のコラーゲンだよありがとう…。

そんでトランペット。トランペット!!
神山くん!!お疲れさまでした!!
私実は中高と吹奏楽だったので、トランペットの難しさ分かります。
一回吹いたことあるけど思うように音が当てられないもどかしさってのが、ね。
まあ私はトランペットではなくてトロンボーン担当でしたが。
何が言いたいかって、神山くんの隣でトロンボーンを吹く学生時代が送りたかったということです。

 

脱線したので話を戻します。
MCコーナーにしましょう。

いやほんとMC面白い。
エイト初めて行った時に「こんなにMC面白いジャニーズがいるのか!!」って衝撃だったんだけど、WESTもでした。

シゲが振り付けしたら黄金のジャニーズステップ
(^ヮ^=)蹴って蹴ってトントントン♪
ジュニア時代の神ちゃんの激ムズい振り付け
(`-´ ) 「(関節が)あるから曲がるんだよ?」
(´◇`)「うちの淳太くんは関節が少ないんですって!」

振り付けの話題だけでこれ。
まじで「ん?ここ楽屋かな?」レベルのトークが楽しい。
WESTも特典でMCダイジェストつけたらすごく好評になると思うので、前向きにご検討いただきたいです。

そして、神山くんがアルバムで振り付けどころか作詞作曲しちゃったね…。おばちゃん嬉しいよ…。(同い年です)

 

 

ちょっとだけWESTivalのお話になりますが、Evokeめちゃくちゃかっこよくないですか…?
あれ神山智洋さんが作ったんですよ…?
音の取り方が独特って自分でも言ってたけど、たぶん細かいところめちゃくちゃこだわってるんだろうなと思ってます。
何かに似てるなって思ったけど、思い出せなかったので考えるの辞めます。
音の取り方が独特というイメージだと私の中ではジャニーズ界では圧倒的に安田章大なので、2人で対談したら面白いんじゃないかと本気で思ってます。


えっと、なんでしたっけ?
ああ、MCですね。
あとはもうワイパーの記憶しかありません。
あれで完全にふくもとたいせいくんを覚えました。
以上!

 

 

 

からの!!!ユニットコーナー!!!
2組続けて箇条書きでお送りします。

『無鉄砲ボーイ』
・もれなく3人とも可愛い
・マネキンが羨ましい
・マネキンになりたい
・あの演出はGJ
・マネキン目線カメラ素晴らしい
・しゅーびどぅばどぅびどぅーわっ♪
・ラストのキス(死)

『雪に願いを』
・のんちゃんを見守る濵ちゃんの目線がまるで兄
・もはやあの2人は兄弟
・濵ちゃんの優しい眼差しがたまらない
・そもそも曲が好きすぎる
・ギター演奏かっこいい
・余計な演出が無くて歌に集中できたあの時間は素晴らしい

 


そして『I got the FLOW』ですが、いやいや、あれは、YABAIZOにもHODOGA ARUZO。
ちなみに私はこれで完全に神山くんに堕ちました。

まあとりあえず、あのソファがですね、あのツインが座ってたソファででね「あの!!ソファ!!!!!」って心の中で叫びましたね。

CDで聴いてた時から一番楽しみなユニットではあったけど、予想してた何倍もやばかったです。
何がっていうか全部。全体的に。やばい。
2人ともかっこよかったし、イケイケだったし、サングラスちらっとずらすところはまじあざとい。(好き)


これからのBelieverからのone chanceの流れが死ぬほど好きって私もう10000回くらい言ってるんだけど再び言います。
この流れが死ぬほど好きです。10001回目です。
りゅかみユニットはこれ含めての衣装のチョイスだったんだなと納得。

おちゃらけてない、かっこよくアイドルしてるWESTさん大好きです。
元々アルバムの中でもトップ3でこの3曲が好きなので、このセットリスト組んだ方に拍手喝采スタンディングオベーション!!!

one chanceもほぼほぼりゅかみちゃんの曲みたいなところがあるじゃないですか??
私はもうあの瞬間からりゅかみ推しになる決意をしました。
恐らく前のやつにも書いたとは思いますが、まじでこんな同級生いなかったって。


勢い余ってユニットから全部飛ばしたけど、パラパラも忘れてません。
何せ私が初めてパラパラしたライブがなうぇすとですから。

エエやんけェ‼︎は全然踊れなかったけど智子ちゃんとこた子ちゃんがめちゃくちゃ可愛くて女子やめたくなった記憶がある。
噂のピロピロとポイポイはやっと出来て嬉しかったな〜。
ピロピロの時にめちゃくちゃ振り切る神山くんが大好きです。
そもそも、全力でパラパラしてるアイドル見たのが初めてだったし、ファンの人も全力でパラパラしてるからそれがまずびっくりしました。
パラパラが好き!とか嫌い!とかそういうことではなくて、こういうみんなで出来ることを一緒にやるっていう企画というか試みはいいよね。


ちなみに、私は中学の時の体育祭で毎年全校生徒でダンスをしなければいけないのがありまして、1年生の時に先輩に言われて必死にパラパラした記憶があります。人生初のパラパラはそれでした。というどうでも良い話をして終わりにします。

 


シングルメドレーは奇跡的にほぼ知っていて楽しかったです!
その時唯一分からなかった「夢を抱きしめて」は今ではかなり好きな曲になってます。
いやあれも、神山くんがかっこいいんじゃ…。(自担に激甘)

 

 

この『なうぇすと』はまさに、ジャニーズWESTの『今』が見られたとても素敵なライブだったなと、改めて思います。
過去の曲も大切にしているからこそ新しいことに挑戦しているジャニーズWESTらしさ全開のライブ。

かっこよさと面白さを交互に織り交ぜて来る感じがたまらなくて、しかもそれをどっちも全力でやるところが彼らの良いところであり、とても好きなところです。
構成はかなり好きでした。

彼らの『今』を間近で見られたからこそ、私はここまでハマったのかな〜とも思います。


もう新しいツアー『WESTival』が始まってますね。
私は今回も友達のおかげで宮城公演に行けることになりました。
アルバム聴いてて期待値ものすごく高まっているのですごく楽しみです^ ^

 

 

では最後に一言。
神山くん大好き!!!!!!!(激重)

今更ながらジャムの感想を

7月21日に関ジャニ'Sエイターテインメントジャムに参戦した私の7月の記憶です。

 

 

 

大倉くんが金髪になったという情報だけを得て臨んだこのライブ。
OPの説明映像で「まずはそのうちわ置いてみよう!」みたいなやつを見た時に、おっとこれは最初がバンドのパターンかな??と思いました。大当たり。

 

バンド曲始まりのセットリスト万歳!!

ハイスピからの勝手に仕上がれ、ライオン、象、、、。
MC的な役割をりょうちゃんがしているこの流れに思い出したのはメトロック。
そのあとTraffic等アルバムの曲もしっかり入れつつ、ベースソロからのTokyoholic。
このベースソロがいやまあすごい。完全に「ベーシスト 丸山隆平」でした。
メトロックの時も思ったけど、こんなに長いベースソロは普通のバンドでも滅多にないよ。見たことない。
前半をバンドだけで乗り切るこの流れは、確実に実力をつけたからこそできる自信の表れ。
あのフェスが転機になったことは間違いない。
守りが一切ない攻めの姿勢は、元々バンド好きの私にはもーーーうたまりませんでした。
ペンラにストラップついてなかったら確実に前方にぶっ飛ばしていたことでしょう。

 


そこから第2部の全力ジャニーズアイドル!! 

一発目にJAM LADY持ってくるの考えた人誰!?天才じゃない!?
JAM LADYやばすぎじゃない!?
いい意味でエロいですよねあれは。いい意味で。(いい意味でエロいって言ったら DO NA I もだけど)
ほぼほぼ記憶ないけど。なんか大倉くんめちゃくちゃいけめんだったなって記憶しかないけど。

 

あと えげつない!
ダンスが最高でえげつない!
ラップバトル ハイテンション I get you now!
あのダンスが可愛すぎて死んだ。
特にもノリノリでニコニコで踊るりょうちゃんが可愛すぎて死んだ。
早くあのダンスを覚えて一緒に踊りたい!(誰と)

 

そして、個人的にずっと気になっていたのが照明と映像。
札幌ライブ終わりのANNで大倉くんが手がけたということを知って、ずっと見ていたんだけど、すごかった。
語彙力失うくらいにはすごかった。
特に三馬鹿ユニット Answer の照明と演出。
何だろうあれ。他と圧倒的に違った。
赤と黒と紫の3色で構成された照明。…ファンのこと考えてる!!
Perfumeのライブで目撃情報があったのって、まさかこれ…?と思うほど。

フェスで2度程Perfumeのステージを見たことがあるのですが、照明が本当に素晴らしくてかっこいい。
きっとそれを取り入れたかったんだろうなというのが見えた演出でした。

 


その Answer のあとのノスタルジアは、まあ言わずもがなです。
ただただ、美しかった。
儚く、美しく、しなやかで、かっこよかった。
このライブには友達と4人で行ったのですが、私一番端っこにいて、ステージとモニターと交互に見るたびに3人が視界に入り、みんなペンラ振らずに固まって見ていたのをすごく思い出します。

 

 

そして、元気が出るLIVEを彷彿とさせるようなセットリスト。
特にもWASABI
イントロ始まった瞬間に誰よりも早く叫んだ自信はある。
一緒に行った友人にも「WASABIの時叫ぶのめちゃくちゃ早かったね〜(笑)」と言われたくらいには早かったな、うん。

なんか私、このWASABIにチケット代の半分出したくらいの価値感じてる。

元気ライブの映像は1回しか見れていないけど、その1回は最初から最後までずっっっと泣き止むことなく見ていたから。
7人でのWASABIを見ることはもう一生ないと思っていたから。

WASABIがどれくらい好きかというと、曲中に思わず「大倉くんのいるWASABI…」と呟いてしまったレベルです。(末期) 

「大倉くんのいないWASABIなんて!!KARASHIだ!!」と言ってた過去の自分へ。
もう1度見られるよ。7人のWASABIが。

かっこよかったよね。いやまじで。

 

 

 

 

そして最後の青春のすべて。

 

「戻らない日々を悲しみはしないよ
あの日の僕らはそう笑っていたんだ」

 

この曲のラストサビ前の大倉くんのソロパートが大好きで、何度聴いても泣きそうになる。

アルバム買った時からずっと、このパートを聴くたびに元気が出るLIVEオーラスを思い出す。

でもなんだか、あの時のことは忘れないよと言ってくれている気がしてならないんです。
このパートを大倉くんが歌っていることはたまたまかもしれないけど。
たまたまかもしれないけど、ありがとう。

この曲で、なんか、全部救われたような気がしています。
ここだけ見るとめちゃくちゃ重いファンみたいだけど。

 

 

 

いろいろ書いたけど、結果何が言いたいかって「楽しかった!最高!大好き!」ってことです。

MCは相変わらず面白いし、演奏はかっこいいし、JAM LADYは色気出すぎだし、えげつないは可愛すぎだし。
ギャップ萌えとかもはやそういう次元は超えているよね。

 

何事も全力でやっているおじさんたち、クレイジー&クール&キュートです。

 

素敵な夏の思い出をありがとうございました🌻

 

f:id:universeee357:20171010230039j:image

 


冬はいつ会えるのかな?と思っていましたが、りょうちゃんが大河ドラマに出ることが決定したので、来年夏くらいまではライブはお休みかなと思っております。

 

そうです! 

りょうちゃん大河ドラマ出演決定おめでとうございます!
私は龍馬伝以来大河ドラマは見ていないけど、久しぶりに見ようと思います!
私の両親は大河ドラマ大好きなのでめちゃくちゃ推しておきます!

 


【まとめ】
インフィニティレコーズ様、なるべく早く、ジャムのDVD化をお願い致します。

先輩が関ジャニ∞(というか錦戸亮)にハマりました

 

 

まず前提として、私が働いている職場は女性が多く、私を含めてジャニオタが4人います。
私が嵐とエイトとジャニーズWEST(多い)、あと後輩3人がエイトとNEWSとキスマイでそれぞれという感じ。

 

 


ことの始まりはニューアルバム「ジャム」のリリース。

 

表題の先輩は、元々奥田民生さんやレキシやエレカシが好きな方で、関ジャムで情報出るたびに「今度の関ジャニ∞のアルバムにユニコーンが楽曲提供してくれるんです!!」みたいな感じで私が先輩に情報提供してました。

 

そして、やっと発表された最後の一人がニセ明さんでしたね。

 


実はその先輩、一番好きなアーティストが星野源さんで(昔からライブにも行ってるかなりコアなファン)まじこれ偶然という名の奇跡、先輩のために出るアルバムでは…?と思いました。

 

その情報をお伝えしたところ「えー!?ニセさん!?ニセさんなの!?」って感じでそれはもう驚いてました。

 

そうですよね。星野源さんじゃなくてニセ明さんなんですから(笑)

 


事態はここから急展開を見せます。

ある日の職場でのお昼休憩タイム。


先輩「えーどうしようかな…関ジャニのアルバム買おうかな…」

 

お??ん??まじですか??

 

後輩エイター「え??買うんですか??ニセさんのために??(笑)」

 

私「私もう予約してるので貸しますよ??」

 

先輩「ほんと??でもどうしようかなー…。PVにニセさん出る??」

 

私&後輩「絶対出ないと思います(笑)」

 

 

こんな会話を繰り広げつつ、結構迷ってたみたいですが、なんと!先輩!ジャム予約してくれました!!(拍手)
しかも初回B!!(スタンディングオベーション

 

先輩「この歳で生まれて初めてジャニーズさんのCD買っちゃったよー!!」

 

先輩ほんと可愛いです。たしかヤンマーちゃんと同い年だったはず。いやほんと可愛いです。

 

 

 

 


さて、ここからですよここから。

 

発売日の次の日くらいだったかな、先輩がLINEをくれました。

 

「DVD見たよ〜!マイクが虫!からの虫ドッキリ!からのカーテンヤモリ!りょうちゃん可愛い!」


先輩、なんと、錦戸くんに堕ちました。

 

それから毎日ずっとりょうちゃんりょうちゃん言ってます可愛い!!

 

(なお、すばるくんのことは『お花撮ってる人』になりました。)

 

 


なので、ライブ映像を貸しました。
最新のエイタメを。Blu-rayを。

 

アコースティックコーナーをめちゃくちゃ気に入ってくれたみたいで、スマホで動画におさめて、いつでも見られるようにしたらしいです。 

あと、バンドのところが一番かっこいいってのと、エイトレンジャー面白いと言ってました(笑)

 

 

 

とにかくそのライブDVDとジャム特典DVDを何回も見てくれているようで、私が「大倉くんもオススメです!」って言ったところ「大倉くんって顔が綺麗すぎるからちょっと苦手だったんだけど、DVD見て印象変わった(笑)あんなに面白い人だと思わなかった(笑)」ってお言葉をいただきました。

 


…そうなんです!!!
大倉くん面白いんです!!!
集中5億!!!!!!!
良かったね大倉くん!!!(誰目線)

 

 


とまあこんな感じで、楽しい生活を送っています。

 

私は先日大阪のライブに行ってきまして、りょうちゃんのうちわとワッペンシールを頼まれたので買っていきました。


お土産にりょうちゃんのフォトセットもあげたら「ニセさんの隣に飾るね!!」ってめちゃくちゃ喜んでくれました。(後日飾ったところを写メってLINEくれました)

 

うちわも飾ったらしく「りょうちゃんがずっとこっち見てくるから恥ずかしい!」って言ってます。

(なお、アルバム購入特典のポスターも部屋に貼ったらしいです。)

 

 

どうしよう。

 

りょうちゃんも先輩もめちゃくちゃ可愛いやないかい…。

 

 

来年の目標はエイトのライブに行くことだそうです。
絶対連れていきたい…!

 

 

 


なんか、ほんと、人が何かにハマるきっかけって、ほんの些細なことなんだな〜と改めて思いました。

 

素晴らしいアルバムをリリースしてくれてありがとう関ジャニ∞さん。

 

 

 


最近は「りょうちゃんってまるちゃんのこと大好きだよね〜」と、まるでオタクな発言をしてました。

 

…バレてる!りょうちゃんバレてる!
オタクじゃない人にもバレてるよ!

 

終わりじゃないから 始まりだから

 


ジャニーズWEST 1st ドームLIVE 24から感謝🎄届けます》

ものすごく今更ですが、この映像の個人的な感想です。

 

 

 

 

 

 


なうぇすとから沼に入ったど新規の私でも迷わずに予約したこのBlu-ray
ジャニーズWEST初めてのドーム公演、しかも彼らの地元の京セラドームなんて、買わない理由がありませんでした。

公演のレポもセトリもほぼ何も見ていない状態の私の元に届いたものは、まるでクリスマスプレゼント。
あのパッケージが本当に彼ららしいなと思いました。


メイキングでのはしゃぐ7人はまるで男子高校生だったけど、本編の7人は緊張しつつもその一瞬を楽しむ姿が見えました。
近くにいそうだけどいない、手が届きそうだけど届かない。
クラスに一人はこんなやついるなってのが7人集まっただけって本人たちは言っているけど、どこにもいないよあんな人たち(笑)
やっぱりアイドルだなーって思いました。

 

 

とにかくクリスマス感が満載なこのライブ。
ええじゃないかから始まるセトリの中には、正直に言うと知らない曲もありました。
それは「アルバムかカップリングの曲なんだろうな〜」とか「ジュニアの時の曲か〜」とかそんな風に思っていて。


特にもジュニア時代コーナーは、申し訳ないほどに1曲も知りませんでした。
でも全部素敵だし全部かっこよかった。

B.A.Dも濱ちゃんソロもすごく好きだけど、「Dial Up」が飛び抜けて大好きになりました。
まず曲調どストライクだし、ダンスはキレキレだし、みんな可愛いし、みんなかっこいいし、最後にみんなで大砲撃っちゃうし。
何より、神ちゃんが、歌が、うますぎるだろ…。
本当にウチの子最高だな…(なお私と同い年)
あの時に戻ったとしても、間違いなく私は神山智洋にハマるだろうなと悟りました。

 

 


本当に、本当に後悔した。
彼らのジュニア時代を知らないことも、曲をひとつとして知らないことも。
アイドル誌買ってたこともあるから、かろうじてB.A.D という名前は知っていたけど、7人全員のジュニア時代のことをもっと知っていれば今もっと楽しかったんだろうなって。
もっと違う目線で見られたんだろうなって。


でも、メイキングで淳太くんが言ってた言葉がすごく嬉しくて、ああ私このグループ好きになってよかったなって思ったんです。

 

 


「もちろん知らん人もいっぱいいると思うんですよ。デビューしてから僕たちのこと知って、昔から応援したかったですとか、ジュニアの頃知らなくてごめんなさいって。全然そんなことないんですよ。そう思ってる心理もなくしてあげたいかな。当時やってたことを、同じことをやることによって、昔見れなくて後悔してるっていう、そのモヤモヤをはらってあげたいっていうのがあるから。」

 

 


ジュニア時代から応援している人、特にも関西ジュニアはそんな方が多いはずだから、私のようなペーペーの新米が突然入るには壁が高すぎるなって、どこかでそう思ってました。

2月になうぇすとに行った時も、若い子が多くて圧倒されて「おおっ…」ってなったのも事実。

でも好きになっちゃったんだから!
好きになっちゃったものはしょうがない!

過去には戻れないし、私はその壁を一生かけても越えることは出来ない。
壁を低くすることも出来ないけど、ハシゴをかけてのぼることは出来ます。

私はきっとそのハシゴをのぼりはじめたくらいなんだろうな。

 

 

『ジュニア時代から知っている人は親心のような感じで。』
『デビューしてから知った人には、昔の僕らはこんなことやってたんだよっていうのも知ってほしい。』

 

 

他のメンバーもそんなことを言ってたな。

 

これからちょっとずつ、昔の彼らのことも勉強していこうって、そう思ったきっかけにもなりました。


ジュニア時代を知らなくて引け目を感じていたことを暖かい心で受け止めてくれるジャニーズWESTの皆様には、本当に感謝しかありません。

 

 

 

 

 

そんな彼らの暖かい心が再び見えるのが最後のあいさつ。

 

 

 

最高のメンバーに出逢ったという桐山照史
この先鼻が伸びるようなことがあったら怒ってほしいという濱田崇裕
このステージに立てていることを誇りに思うという小瀧望
これからも大事な人たちと一緒に頑張りたいという重岡大毅
僕の人生はハッピーだという藤井流星
ずっと応援してて良かったなと思えるような存在に絶対なるという神山智洋
誰一人僕たちは置いていかないという中間淳太

 

 


こんなに素敵な言葉に泣かないはずがなくて、ラストまでずっと泣いてました。


All My Love も涙なしでは見られなくて。

あいさつでは泣いてなかった神ちゃんが歌いながら泣いているのを見て、濱ちゃんが途中ちょっと歌えなくなっていたのを見て、さらに泣きました。

 

 

 

【All My Love いまの僕が笑えるのは
So , All My Love あなたがいたから
しんどいことあっても 乗り越えて強くなれた
All My Love 支えてくれて ありがとう】

 

 

 

「一回諦めかけたけど前を向けたのはみんながいたから」という流星の言葉に、この歌詞が重なりました。

仕事で泣いたことがないという流星が泣くなんて、よっぽどきたんだろうな。

デビュー当時いろいろあったけど、あのステージに立っていたのは7人で、ジャニーズWESTというグループで、京セラドームを埋めたことは間違いない。


スタッフ、関西ジュニア、親、メンバー、ファンのみんな、たくさんのいろんな方々に支えられてこの場所に立てているということを全員が言っていて。

ジャニーズWESTは本当に周りから愛されているグループだなと、改めて思いました。

 


これからもファンの側で、同じ歩幅で、一緒に進んでいってほしいし、5大ドームツアーの夢叶えてほしいです。

このドームライブは終わりではなく始まりだから。

彼らになら絶対に出来る。
時間はかかるけど諦めなければ叶うということを、身を以て教えてくれた彼らになら絶対に出来ると信じています。

 


7人でいてくれてありがとう。
ほんまに倖せ ありがとう。
24から感謝届きました。

 

 

f:id:universeee357:20170705000012j:image

 


いつもうるさくて笑わせるのが大好きで歯が人より多いシゲ
乾燥肌でうどん食いながら痩せたいって言ってる照史
運動音痴でリップがないと大騒ぎする淳太
ボーッとしててどこでも寝れてペットボトルをへこませてジュース飲むタイプの流星
なで肩で天然で似ている有名人が多い濱ちゃん
身長も態度も大きくて朝はかなりテンション低めののんちゃん
そしてめっちゃ可愛い神ちゃん

 

最高の虹が出来たな🌈

ロックファン兼エイターとして見たメトロック感想書き殴り

 

 

 

 

それは5月12日(金)の出来事でした。

仕事終わりで同期と飲みに行っていた時に、毎回エイトのライブに一緒に行っている友人から突然LINE。

 

「メトロックに関ジャニ∞出るってよ!!」


メトロックに行くと話していたので、それを覚えていてLINEしてくれたらしいです。

 

それにしても何事ですか。
すぐさまメトロックのHPに行って確認。
インフィニティレコーズのHPでも確認。

まじだ…本当だ…信じられない…
え、ちょ、なに、なんで、ええええ!!

いきなり騒ぎ始める私に同期がどうしたどうしたと言うので事情を説明。
今年一番テンション上がっていると同期に言われました(笑)

思わず飲み屋で「私生きててよかった!!」と叫んでしまったくらいテンション上がりました。

 

というのも、去年行ってめちゃめちゃ楽しかったけど初日しか行けなかったから、今年は2日通し券取って行こう!と今年の1月くらいからロック好きな友人と計画していた今回のメトロック。

1ヶ月を切ってもあと1組のアーティストが発表されないので、おかしいなとずっと思っていた矢先、これです。

ゲス復活したしゲスかな!!とか勝手に思っていたらこれです。
(ゲス大好きなのでまじで来て欲しいと思っていたけどやっぱ来なかったね)

 

いや、もう、ねえ、、、

エイトにハマったきっかけはバンドであり、JUKE BOXのDVDだった私にとって「いつかライブハウスとかフェスで関ジャニ∞見てみたいな〜」という叶わぬ夢と思っていたものが現実になったんだから。
人生何が起きるか分からないよ本当に。

 

 

 

 

 

というわけで、関ジャニ∞の感想書き殴ります。
ほぼない記憶を頑張って手繰り寄せて繋ぎ合せますのでご了承ください(?)

 

 

 

 

LOVE PSYCHEDELICO を見てから行ったので、WINDMILLに着いたのは開演の15分前くらい。
予想以上に人が来ていてビビった。
それでもすり抜けて会場の真ん中あたりに行けました。
モニターがばっちり見える位置。

 

 

f:id:universeee357:20170523012300j:image

 

 

 

 

メンバーがステージに登場して村上さんがモニターに抜かれた時に、私の周りでちょっと笑いが起きたんですよ。
「あ〜村上ね、はいはい(笑)」的な。

でも演奏始まったらその笑い止まりましたからね。
しかも1曲目 High Spirits。インスト。
個人的にはインスト攻めたな〜!!って思っていたよ。

そしたら周りも「おおお!!まじか!!関ジャニ∞まじか!!」みたいな空気。
「まじだよ!!これが関ジャニ∞だよ!!かっこいいだろ!!」って飛び跳ねて拳突き上げながら心の中で叫んだ。

そしてみんなで「横山くん頑張れ!!」ってトランペット応援してたの素敵だった。
大成功おめでとう横山さん!!

 


そこからの2曲目ズッコケ男道。
イェイ!イェイ!イェイ!の会場の一体感はんぱない。
ファンじゃなくてもみんなやっぱりこれ知ってるんだー!という感動と、あーなんかもうこの時間めちゃめちゃ楽しいー!っていう幸福と。
知名度抜群 安心と信頼のズッコケ男道。

 


3曲目 言ったじゃないか。

手拍子で会場を煽る村上さんがいつにも増して楽しそうだったな〜って印象。
マイクの調子が悪かったのか、セリフパートがあんまり聴こえなかったのがちょっと残念だったな。

 


4曲目のNOROSHI。

これは完全にすばるくんの大勝利だった。
夕暮れのWINDMILLに響き渡る「手のひらが背に触れた」のすばるくんの声。
勝ったなって思った。
これは完全に爪痕残したなと。
オラオラしててかっこよかったよすばるくん!!

 


5曲目 宇宙に行ったライオン

生きているうちに生で聴ける日が来るなんて思ってもみなかった。
すばるくんガンガン会場煽ってたし、やすの高音パートが突き抜けていて聴いてて気持ちよかったー!

 


6曲目 象。

はいきた!!これ好きでしょ!?
みんなこれ好きでしょ!?
こういうやつ間違いなく好きでしょ!?って感じ。
会場の盛り上がり方凄まじかったし、やすの目がギラギラしててたまらんかった。

 


7曲目 侍唄。

「盛り上がってますかーー!?」って錦戸くん。
「でも今から静かな曲やりまーす(笑)」って錦戸くん(笑)
でも、この時間帯の侍唄、すごく素敵だった。
なんだか泣きそうになりました。
そして稲穂を振っていた方最高にGJ。

 


象の前だっけか。
まるちゃんがベースソロをやる箇所間違えたのは全く気が付かなかった。
すばるくんが何かにやにやしながらまるちゃんに言ってるな〜可愛いな〜って思ったくらいだった。(末期)
だけどそれにのっかるドラムとギター!!大倉&安田!!
エイタメオーラスを思い出しました。
大倉くんにこにこしながらドラム叩いてさ〜!!
もう可愛さ爆発してた〜!!(末期)


その後Tokyoholic前で正解ver.!
ベースソロやってる時にスンッて顔でやるもんだからもう大爆笑。
でもベースソロ普通にめちゃめちゃかっこいいから大歓声。

 


そこからの8曲目 Tokyoholic!

Tokyo 叫ぶの超楽しかった!!やばかった!!
「そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃああああ」を叫ぶ錦戸くんかっこよすぎた。
まるちゃんのセリフパートでいい感じに会場が和んだところに大倉くんのボサノバ的ソロパートが響いた。
この曲かっこいいだろ??作詞作曲錦戸亮なんだぜ??って心が叫びたがってた。

 


9曲目 勝手に仕上がれ。

「K!A!N!J!A!N!I!E!I!G!H!T!」って私がいきなり叫び出すもんだから前にいたお兄さんびっくりして振り返ってた(笑)ごめんなさい(笑)
でもやっぱ叫ばずにはいられなかった。
「まるやま!!」って叫ばずにはいられなかった。
そういう曲なんです!!!!!!!
ドームツアーの時と一緒で、観客が叫ぶところでステージの照明が光るようになっていて、一緒だな〜って思った。
この演出は同じなんだ!ってちょっと嬉しくもなりました。

 


ラスト LIFE〜目の前の向こうへ〜

歌い始めた時に「ああー!!」って歓声起こってて嬉しくなった。
これも知ってるんだー!!って。
大倉くんのソロすごくすごくよかった。
肩車されてオタ芸してる人を見て笑いながらドラムしてる大倉くんもよかった(笑)
やっぱりこの曲好きだー!!ってそんな感じ。

 

 

 

 

 


横山さん

きっと全然喋ってない。
けどその美しさは画面からも伝わった。
懸命に楽器と向き合う姿は美しかった。
舞台からの演奏お疲れさま!

 


すばるくん

やっぱり彼は関ジャニ∞のフロントマン。
あの細い体のどこからあんな声量が出るの。
めちゃくちゃかっこいいのに最後あたりTシャツ脱いで「細っっっ!!」って声が飛び交う中乳首触りながら退場するのはやっぱすばるくんだな〜って(笑)

 


村上さん

アイドルしてる村上信五かっこいいだろ!!!って叫びたくなった。
手拍子率先してやってて、ああいつもの村上さんだなって思った。
めっちゃノリノリで楽しそうだった!

 


まるちゃん

いたるところに散りばめられたベースソロ。
ああ、世間に丸山隆平のかっこよさがバレたと本気で思った。
みんな変な気持ちになっただろ!
みんなを変な気持ちにさせる魔術師
それが丸山隆平です!

 


錦戸くん

この日MC的な役割してて珍しいな〜って思った。
MCではにこにこして可愛くて、歌ったらかっこよくて。
ギャップがたまらない。
そんでやっぱり錦戸くんの歌声超ロック。

 


やす

全体的にギラギラしてた。
完全に漢だった。目がやばい。
「あのギターって誰??やす??やすかっこいい!!」って私の後ろにいた女性2人組から聞こえてきたんですよ。
そうだろかっこいいだろ安田章大!!

 


大倉くん

サッカー選手とかがよく使ってるやつで髪とめててお顔がよく見えた。
あのステージの真ん中でのドラム、どっしりと構える姿、かっこよかったなー!!
後ろからメンバーを支える姿、輝いて見えました。

 

 

 

 

 

 

序盤で言った「今日は純粋に音楽を届けに来ました!!俺らの音楽聴いてくれー!!」って村上さんの言葉がすごくかっこよかったと、一緒に行った友人が褒めてました。

きっとこの言葉は普段バラエティをやることが多い村上さんが言ったからこそ意味があったなと思います。

 

そして、ラスト曲前に「関ジャニ∞ってアイドルグループやってます!!」と叫んだすばるくん。

ああ、もう、好き。
関ジャニ∞のファンになってよかった。
同じ時代に生きていられて幸せだ。

 

 

あの時、あの会場にいた人っていろんな理由があったと思うんです。

関ジャニ∞が見たくてチケット譲ってもらって来た人。
ロックもジャニーズもどっちも好きでたまたま日程かぶって偶然にも見られた人。
ジャニーズってどんなもんか見てみるか〜みたいな人。

きっと理由は様々あって、私もファンの1人だから、ファンマナーがなんちゃらとか、完全アウェイだとか、いろいろ気にしてたけど、ハイスピでそんなのふっ飛んだ。

あの時間にWINDMILLを盛り上げたのは間違いなく関ジャニ∞で、全然アウェイではなくて、観客も楽しそうで。

(むしろ周りに全くエイターがいなくて1人で叫んでいた私のほうがアウェイでした)

 

全部終わったあとにTwitter見たらトレンドに関連ワード入ってて、「かっこよかった」とか「来年も来てほしい」とか前向きなツイートがすごく多くて、ファンとして誇らしくなったし、私が見たものは間違いなく現実だったんだなと思いました。


ドロスやサカナクションと同じあのステージで演奏してやり切った関ジャニ∞すごかっこよかったし、今まで見た中で1番ロックだった。
完全にバンドノリで見られて、叫んで動いてめっちゃ疲れたけどめっちゃ楽しかったから何でもいい!幸せだ!

 

 

ロックファンの中にはジャニーズ嫌いな人絶対いると思うけど、こんなジャニーズのグループがいることも知ってほしい。

逆にジャニーズファンの中にはロックファン怖いって人いると思うけど、全員が全員怖くないし優しい人だってたくさんいるよ。


私はどっちも大好きでどっちも大切で、だからこそ良かったこといっぱいあります。


先入観で物事を見るのは良くないよ。
その色眼鏡1回ぶち壊してみたら見たことない景色が見えてくるよ。

 

 

 

 

 

WINDMILL STAGE に来ていたロックファンの皆様!!!!!!!
どうですか!!!!!!!
あれが私たちの大好きな関ジャニ∞です!!!!!!!

 

 

 


P.S

そして私はキュウソネコカミとレキシにハマって帰るのであった。

 

 

f:id:universeee357:20170523013100j:image