読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その魅力は宇宙規模

オタクの戯言。

ロックファン兼エイターとして見たメトロック感想書き殴り

 

 

 

 

それは5月12日(金)の出来事でした。

仕事終わりで同期と飲みに行っていた時に、毎回エイトのライブに一緒に行っている友人から突然LINE。

 

「メトロックに関ジャニ∞出るってよ!!」


メトロックに行くと話していたので、それを覚えていてLINEしてくれたらしいです。

 

それにしても何事ですか。
すぐさまメトロックのHPに行って確認。
インフィニティレコーズのHPでも確認。

まじだ…本当だ…信じられない…
え、ちょ、なに、なんで、ええええ!!

いきなり騒ぎ始める私に同期がどうしたどうしたと言うので事情を説明。
今年一番テンション上がっていると同期に言われました(笑)

思わず飲み屋で「私生きててよかった!!」と叫んでしまったくらいテンション上がりました。

 

というのも、去年行ってめちゃめちゃ楽しかったけど初日しか行けなかったから、今年は2日通し券取って行こう!と今年の1月くらいからロック好きな友人と計画していた今回のメトロック。

1ヶ月を切ってもあと1組のアーティストが発表されないので、おかしいなとずっと思っていた矢先、これです。

ゲス復活したしゲスかな!!とか勝手に思っていたらこれです。
(ゲス大好きなのでまじで来て欲しいと思っていたけどやっぱ来なかったね)

 

いや、もう、ねえ、、、

エイトにハマったきっかけはバンドであり、JUKE BOXのDVDだった私にとって「いつかライブハウスとかフェスで関ジャニ∞見てみたいな〜」という叶わぬ夢と思っていたものが現実になったんだから。
人生何が起きるか分からないよ本当に。

 

 

 

 

 

というわけで、関ジャニ∞の感想書き殴ります。
ほぼない記憶を頑張って手繰り寄せて繋ぎ合せますのでご了承ください(?)

 

 

 

 

LOVE PSYCHEDELICO を見てから行ったので、WINDMILLに着いたのは開演の15分前くらい。
予想以上に人が来ていてビビった。
それでもすり抜けて会場の真ん中あたりに行けました。
モニターがばっちり見える位置。

 

 

f:id:universeee357:20170523012300j:image

 

 

 

 

メンバーがステージに登場して村上さんがモニターに抜かれた時に、私の周りでちょっと笑いが起きたんですよ。
「あ〜村上ね、はいはい(笑)」的な。

でも演奏始まったらその笑い止まりましたからね。
しかも1曲目 High Spirits。インスト。
個人的にはインスト攻めたな〜!!って思っていたよ。

そしたら周りも「おおお!!まじか!!関ジャニ∞まじか!!」みたいな空気。
「まじだよ!!これが関ジャニ∞だよ!!かっこいいだろ!!」って飛び跳ねて拳突き上げながら心の中で叫んだ。

そしてみんなで「横山くん頑張れ!!」ってトランペット応援してたの素敵だった。
大成功おめでとう横山さん!!

 


そこからの2曲目ズッコケ男道。
イェイ!イェイ!イェイ!の会場の一体感はんぱない。
ファンじゃなくてもみんなやっぱりこれ知ってるんだー!という感動と、あーなんかもうこの時間めちゃめちゃ楽しいー!っていう幸福と。
知名度抜群 安心と信頼のズッコケ男道。

 


3曲目 言ったじゃないか。

手拍子で会場を煽る村上さんがいつにも増して楽しそうだったな〜って印象。
マイクの調子が悪かったのか、セリフパートがあんまり聴こえなかったのがちょっと残念だったな。

 


4曲目のNOROSHI。

これは完全にすばるくんの大勝利だった。
夕暮れのWINDMILLに響き渡る「手のひらが背に触れた」のすばるくんの声。
勝ったなって思った。
これは完全に爪痕残したなと。
オラオラしててかっこよかったよすばるくん!!

 


5曲目 宇宙に行ったライオン

生きているうちに生で聴ける日が来るなんて思ってもみなかった。
すばるくんガンガン会場煽ってたし、やすの高音パートが突き抜けていて聴いてて気持ちよかったー!

 


6曲目 象。

はいきた!!これ好きでしょ!?
みんなこれ好きでしょ!?
こういうやつ間違いなく好きでしょ!?って感じ。
会場の盛り上がり方凄まじかったし、やすの目がギラギラしててたまらんかった。

 


7曲目 侍唄。

「盛り上がってますかーー!?」って錦戸くん。
「でも今から静かな曲やりまーす(笑)」って錦戸くん(笑)
でも、この時間帯の侍唄、すごく素敵だった。
なんだか泣きそうになりました。
そして稲穂を振っていた方最高にGJ。

 


象の前だっけか。
まるちゃんがベースソロをやる箇所間違えたのは全く気が付かなかった。
すばるくんが何かにやにやしながらまるちゃんに言ってるな〜可愛いな〜って思ったくらいだった。(末期)
だけどそれにのっかるドラムとギター!!大倉&安田!!
エイタメオーラスを思い出しました。
大倉くんにこにこしながらドラム叩いてさ〜!!
もう可愛さ爆発してた〜!!(末期)


その後Tokyoholic前で正解ver.!
ベースソロやってる時にスンッて顔でやるもんだからもう大爆笑。
でもベースソロ普通にめちゃめちゃかっこいいから大歓声。

 


そこからの8曲目 Tokyoholic!

Tokyo 叫ぶの超楽しかった!!やばかった!!
「そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃああああ」を叫ぶ錦戸くんかっこよすぎた。
まるちゃんのセリフパートでいい感じに会場が和んだところに大倉くんのボサノバ的ソロパートが響いた。
この曲かっこいいだろ??作詞作曲錦戸亮なんだぜ??って心が叫びたがってた。

 


9曲目 勝手に仕上がれ。

「K!A!N!J!A!N!I!E!I!G!H!T!」って私がいきなり叫び出すもんだから前にいたお兄さんびっくりして振り返ってた(笑)ごめんなさい(笑)
でもやっぱ叫ばずにはいられなかった。
「まるやま!!」って叫ばずにはいられなかった。
そういう曲なんです!!!!!!!
ドームツアーの時と一緒で、観客が叫ぶところでステージの照明が光るようになっていて、一緒だな〜って思った。
この演出は同じなんだ!ってちょっと嬉しくもなりました。

 


ラスト LIFE〜目の前の向こうへ〜

歌い始めた時に「ああー!!」って歓声起こってて嬉しくなった。
これも知ってるんだー!!って。
大倉くんのソロすごくすごくよかった。
肩車されてオタ芸してる人を見て笑いながらドラムしてる大倉くんもよかった(笑)
やっぱりこの曲好きだー!!ってそんな感じ。

 

 

 

 

 


横山さん

きっと全然喋ってない。
けどその美しさは画面からも伝わった。
懸命に楽器と向き合う姿は美しかった。
舞台からの演奏お疲れさま!

 


すばるくん

やっぱり彼は関ジャニ∞のフロントマン。
あの細い体のどこからあんな声量が出るの。
めちゃくちゃかっこいいのに最後あたりTシャツ脱いで「細っっっ!!」って声が飛び交う中乳首触りながら退場するのはやっぱすばるくんだな〜って(笑)

 


村上さん

アイドルしてる村上信五かっこいいだろ!!!って叫びたくなった。
手拍子率先してやってて、ああいつもの村上さんだなって思った。
めっちゃノリノリで楽しそうだった!

 


まるちゃん

いたるところに散りばめられたベースソロ。
ああ、世間に丸山隆平のかっこよさがバレたと本気で思った。
みんな変な気持ちになっただろ!
みんなを変な気持ちにさせる魔術師
それが丸山隆平です!

 


錦戸くん

この日MC的な役割してて珍しいな〜って思った。
MCではにこにこして可愛くて、歌ったらかっこよくて。
ギャップがたまらない。
そんでやっぱり錦戸くんの歌声超ロック。

 


やす

全体的にギラギラしてた。
完全に漢だった。目がやばい。
「あのギターって誰??やす??やすかっこいい!!」って私の後ろにいた女性2人組から聞こえてきたんですよ。
そうだろかっこいいだろ安田章大!!

 


大倉くん

サッカー選手とかがよく使ってるやつで髪とめててお顔がよく見えた。
あのステージの真ん中でのドラム、どっしりと構える姿、かっこよかったなー!!
後ろからメンバーを支える姿、輝いて見えました。

 

 

 

 

 

 

序盤で言った「今日は純粋に音楽を届けに来ました!!俺らの音楽聴いてくれー!!」って村上さんの言葉がすごくかっこよかったと、一緒に行った友人が褒めてました。

きっとこの言葉は普段バラエティをやることが多い村上さんが言ったからこそ意味があったなと思います。

 

そして、ラスト曲前に「関ジャニ∞ってアイドルグループやってます!!」と叫んだすばるくん。

ああ、もう、好き。
関ジャニ∞のファンになってよかった。
同じ時代に生きていられて幸せだ。

 

 

あの時、あの会場にいた人っていろんな理由があったと思うんです。

関ジャニ∞が見たくてチケット譲ってもらって来た人。
ロックもジャニーズもどっちも好きでたまたま日程かぶって偶然にも見られた人。
ジャニーズってどんなもんか見てみるか〜みたいな人。

きっと理由は様々あって、私もファンの1人だから、ファンマナーがなんちゃらとか、完全アウェイだとか、いろいろ気にしてたけど、ハイスピでそんなのふっ飛んだ。

あの時間にWINDMILLを盛り上げたのは間違いなく関ジャニ∞で、全然アウェイではなくて、観客も楽しそうで。

(むしろ周りに全くエイターがいなくて1人で叫んでいた私のほうがアウェイでした)

 

全部終わったあとにTwitter見たらトレンドに関連ワード入ってて、「かっこよかった」とか「来年も来てほしい」とか前向きなツイートがすごく多くて、ファンとして誇らしくなったし、私が見たものは間違いなく現実だったんだなと思いました。


ドロスやサカナクションと同じあのステージで演奏してやり切った関ジャニ∞すごかっこよかったし、今まで見た中で1番ロックだった。
完全にバンドノリで見られて、叫んで動いてめっちゃ疲れたけどめっちゃ楽しかったから何でもいい!幸せだ!

 

 

ロックファンの中にはジャニーズ嫌いな人絶対いると思うけど、こんなジャニーズのグループがいることも知ってほしい。

逆にジャニーズファンの中にはロックファン怖いって人いると思うけど、全員が全員怖くないし優しい人だってたくさんいるよ。


私はどっちも大好きでどっちも大切で、だからこそ良かったこといっぱいあります。


先入観で物事を見るのは良くないよ。
その色眼鏡1回ぶち壊してみたら見たことない景色が見えてくるよ。

 

 

 

 

 

WINDMILL STAGE に来ていたロックファンの皆様!!!!!!!
どうですか!!!!!!!
あれが私たちの大好きな関ジャニ∞です!!!!!!!

 

 

 


P.S

そして私はキュウソネコカミとレキシにハマって帰るのであった。

 

 

f:id:universeee357:20170523013100j:image

ときめきはすぐそこにあった

 

 

私がジャニオタになったきっかけは嵐でした。

 

2007年「Love so sweet」を聴いたことをきっかけに嵐を知り、番組を見始め、CDも買い、友達にもいろいろと教えてもらいました。

私が嵌った当時やっていた番組、特に宿題くんは録画して何回も見ていたくらい大好きで、番組終了が本当に残念でした。

でも今思うと、番組終了は当然のことだったのかもしれません。
ファンの需要と世間(特にテレビ業界)の需要は違う。人気のあるグループをゴールデンの時間帯にもってきたいと思うのは普通のことですもんね。

 

ゴールデンタイムのバラエティ番組が増えて、新曲やアルバムも出して…。
メディア露出が増えて持ち前の個々のキャラクター、グループの良さが世間に広まるのは時間の問題で、ファンクラブ会員数も増えに増えて、次第にライブが当たらなくなっていった嵐はまさに「国民的アイドル」になったんだなと思います。

 

それを感じたのは、紅白歌合戦で大トリを飾ったあの瞬間。
過去にSMAPも務めたことのある大トリという重大責務。
あの場に立っていた嵐は紛れもなく「国民的アイドル」でした。

 


去年は友人が当ててくれて3年ぶりにツアーに行けました。
やっぱりライブは楽しかったし演出も凄かったんだけど「あれ?嵐コールしないの?え?」「あれ?歌わないの?叫ばないの?」って思ったその時から私の中で何かが変わっていたのかもしれない。

 

今でも変わらずに好きだけど、前ほどの熱量はなくなりました。
オタク的に言うならば「冷めた」という言葉がしっくりきます。
嵐のファンやってもう10年くらいになりますが、ファンになった当初の「大好き!!!」という感覚はなくなってしまった。

 

ライブは当たらないし、イベントは行けないし(そもそも当たらないし)、私は年会費4000円を会報のために払ってるの…?と思ったこともあります。

 

 

 


私が関ジャニ∞に出逢ったのはその頃でした。

 

(私の場合、入り口は必殺仕事人の大倉くんだったので、グループとしての魅力に気付くのが遅かったことにものすごく後悔しています。)

 

ちょっと前の記事にも書いたので詳しいことは省略しますが、あの時ライブDVDを買って本当に良かったです。

 

関ジャニ∞を好きになってからびっくりしたことは、とにかく仕事が早いこと。
ライブ終わったらすぐDVDの情報出るのには本当にびっくりしました。
そして、特典が素晴らしすぎる。MC全公演ダイジェストとか、罰ゲームとか、メイキングとか、もはや特典映像のほうがメインみたいなところはあるよね。(それは違う)


今のところファンクラブに入ってから毎年ツアーに行かせていただいておりますが(ありがとう私の名義)、関ジャニ∞のライブはとにかく楽しい。
自由に、好きなように、感情を露わにして楽しめるのが本当に素敵。
あんなに楽しそうに"音楽"をしているグループなかなかいない。

 

何より7人が面白い。
バラエティ出たら芸人並みの団体芸をするし、歌番組出てガヤガヤしたら可愛いし、キメたらかっこいいし。

気付いたらジャニ勉は毎週録画してるし、月曜から夜ふかしも毎週録画してるし、大倉くんと高橋くんは放送開始当初から毎週欠かさず聴いています。

 

関ジャニ∞は嵐でぽっかり空いてしまった私の心にジャストミートしてきました。
ライブに行った回数も、たった2年で嵐を超えました。

 

ファンが求めているものをくれる。
いつだって全力を見せてくれる。
ありのままをさらけ出してくれる。
そんな7人に惹かれない理由がありませんでした。

 

大倉くんのこともさらに大好きになりました。
もう「かっこいい」と「可愛い」を言う回数が同じくらいになってきてるので末期です。

 

eighterになってよかった。
関ジャニ∞からたくさんの愛を貰えるeighterって幸せ。
ハピネスハピネスハッピネス!

 

 

 

 

 

 

さあさあ、そんな関ジャニ∞大好きまっしぐらの私のもとにもう一つの関西グループが現れます。

 

それがジャニーズWEST

 

彼らを好きになったきっかけも前の記事に書いたので省略しますが、ライブ参戦後改めて彼らのことを調べようと思い、いろいろとネットで調べていた時にひとつの記事を見つけました。

 


『Myojo 1万字インタビュー』

 

 

全員分のインタビューを見つけて、全員分読んで、泣きました。
あの時何ともおもわずカウントダウン見てた自分、今となっては一発殴ってやりたい気分です。

 

友人に借りたええじゃないかのMVも「この並び珍しいな〜」とか「歌割り偏ってるな〜」なんて思いながら見ていたら、後半でその大人の事情に気付いて、あんなに楽しいMVなのに後半は涙が止まりませんでした。

みんな絶対に気付いているけどもちろん誰も何も言わない。素振りも見せない。
でもみんな口を揃えて言う「デビュー出来て嬉しい」の言葉に絶対に嘘はない。

だってみんな本当に楽しそうだったし嬉しそうだったから。

 

 

グループやメンバーの過去を知るきっかけとなった1万字インタビュー。
ついに買った「ラッキィィィィィィィ7」DVD。


そこで私はさらに神山智洋に惹かれて大好きになりました。

小学生の時にこの世界で生きていくと決めた覚悟、勇気。
それは家庭環境も影響していたと思うけど、小学生の時に自分の人生を決めるなんて誰にも出来ることじゃないです。

 

まだまだ知らないことがたくさんあるけれど、ひとつ言えるのは「彼は私のオタク人生の中で一番のアイドル」だということです。

 

アイドルといえど1人の人間なので、髪型が似合わないとか、私服が変とか、まあいろいろあるのが普通だし、欠点があってこそ人間だとも思っています。

 

でも神ちゃんは違うんです。
何してもかっこいいし、何しても可愛いし、歌もダンスも上手いし、モノマネも上手いし、どんな髪型も似合うし、どんな髪色も似合うし、どんなファッションも似合うし…。
今の所、彼の欠点が見つかりません。
欠点、見つからないんですよ…。

 

私、とんでもない人のファンになったなと思っていますが、後悔は1ミクロもしていません。

もう1度言いますが「彼は私のオタク人生の中で一番のアイドル」です。


昨日は記念すべきデビュー3周年の日でしたね。
本当におめでとう。
7人でデビューしてくれてありがとう。

 


ジャニーズWESTの楽曲「逆転Winner」にこんな歌詞があります。

 

『ときめきを感じなくちゃ』

 

ときめきを感じて突き進んだ結果、そこには素敵な出会いが待っていました。

これだからオタクはやめられないし、まあやめる気はないし、私の人生は当分の間ラッキィスペシャルでしょう。

 

 

 

 

 


ここまで読んでいただいて分かるかと思いますが、私掛け持ちです。

 

掛け持ちって言葉が私はあまり好きではないのですが、それ以外に使えるような言葉も思いつかないので便宜上使っています。

 

時々掛け持ちを嫌う人を見かけるのですが、何故嫌いなのかが私には分かりません。
好きなものが多くて何が悪い。
好きなものが多いほうが人生楽しいよ。
ワクワクドキドキも2倍、3倍になるよ。
そもそも私はジャニーズ以外にも好きなものあるしな!

 

そんなことを考えながら今日も生きる『掛け持ちジャニオタ』の戯言でした。

新年会に見える関ジャニ∞

 

 

 

 

関ジャニズム初回Aの特典映像を久しぶりに見ました。

 


未来からやって来たまるちゃん談
「3年後ピークを迎える」

 

その3年後がまさに今年2017年だということを最近ネットで知りました。(ニズムから3年経ったという事実が衝撃すぎた)

 

 


1月の新曲リリースから始まり、プレミアムフライデーナビゲーター就任、スパイダーマンジャパンアンバサダー就任。
5月にはライブDVD発売、6月にはアルバム発売、そして夏にはツアー。
個人では3人が主演舞台決定とまさに絶好調。

 

 


お国のために働く関ジャニ∞
アイドルしてる関ジャニ∞
バラエティしてる関ジャニ∞
かっこいいです可愛いです好きです。

 

 

 

 

 

 


これを踏まえて、その後改めて「7人だけの新年会」を見ました。

 

 

f:id:universeee357:20170405225222j:image

 

 

墓場まで持っていこうとしていた話がものすごく気になりますがそこは置いといて…。
やはり最後に1人ずつ今後について述べるところがとても印象的です。

 

私の中で特に印象に残ったのは2人。

 

 

 

 


1人目は大倉くん。

 


大倉くんは最年少だけど、メンバーの中で一番グループを客観的に見ている人だと思います。
横山くんが言っていた「他の人とは違った視点でグループを見ている」まさにそれです。
それはもしかしたら、一番最後にグループに加入したことや、バンドでドラムという役割を担っていることも関係しているかもしれない。
このままじゃいけないってことも今が頑張りどきだってことも分かっているから、グループ活動や人気に波があることをはっきり言う。

 

「話題になるグループになりたい」
「去年はどのランキングにも入ってなかった」
「何位でもいいからいなきゃいけない」

 

こういう時に自分の言葉で意見する大倉くんはとにかくかっこいい。
最年少なんて関係ない男らしさが見えます。
それはきっとメンバーの1人として、ファンの1人として、あらゆる目線で物事を見ている彼だからこそ出来ることだろうなと思います。

 

 

 

 

 


2人目はすばるくん。

 


やっぱり彼は関ジャニ∞のフロントマンだなと常々思います。
すばるくんの発言にはものすごく説得力がある。
こういう場での発言やライブでの挨拶。
難しい言葉は使っていないからこそすごく心に響くし届く。
すばるくんの中にある向上心はとんでもなく大きいものだと思います。

 

「何も満足してない」
「それぞれが自分の中で革命を起こしていかないといけない」
「意見のぶつかり合いじゃなくて会話がしたい」


自分はどうしたら良いのか、どうしたらグループはもっと良くなるのか、そのためには何をすれば良いのか。
意見をぶつけ合うのではなくて、自然と会話が出来るようになればグループは良くなる。
こんなことを考えていて、それを言葉に出来ることがすごいです。

 

 

 

 

 

そして、2人が共通して言っていたワードが「悔しい」

悔しい か…。

「まだまだ悔しい」とか「上には上がいる」とか「国民的なグループになるには…」とか。
他のメンバーも言っていた。

 

他のグループと比べる必要はないと思うのだけど、こんな世の中だからそれはきっと避けられないのでしょう。
でも悔しさを持つ人は絶対に成長出来る人だと思うのです。

 

 

関ジャニ∞がグループとしてどの位置を目指しているのか私には分かりません。
分からないけれど、いつでもファンのことを考えてくれて何事にも全力でプレーしてくれる7人が大好きなので、その部分だけは変わらないで欲しいなと思っています。

デビューして十数年、もうみんないい大人(おじさん)だけど、明るくて楽しくて面白くて元気が出るバカみたいなことをしてくれているところも大好きです。

きっとこれからも変わらずに大好きです。

 

 

 

これからさらにレベルアップするであろう、いら、絶対にレベルアップする関ジャニ∞
それを間近で感じることが出来るライブが一番の楽しみなので、頑張って当てます当てましょう。

 

 

夏のツアー。
エイター皆様に幸あらんことを∞

 

 

「one chance」MVを見た話

 

 

「LIVE TOUR なうぇすと」に行く前に、何も知らずに行くのは失礼だなと思い買ったアルバム『なうぇすと』

 

この時はユニット曲も入っている通常盤を購入しました。

初回盤と通常盤、どっちを買うか相当悩んだけど、次も初回盤残っていたら買おうと思い諦めたのです。

 

 

そして先日、その諦めた初回盤を友人に借りまして、初めて one chance MV 及びメイキングを見ました。

 

 

 

 

 

 

率直な感想としては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神山智洋かっこよすぎぃぃぃぃぃぃぃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、まずこれです。

 

 

 

 

 

 

 

だってさ、かっこよすぎるでしょ??

文句なし100点満点のかっこよさ。

通知表で表したらオール5。

どこを切り取ってもかっこいい。

 

 

 

 

 

 

 

ソロカットのオリジナルでダンスするところ(メイキング)あれで適当って彼は一体何者ですか。

サビのダンスも7人の中で最初は神ちゃんしか踊れなかったって言ってたし。

 

 

 

ネットでさら〜っと調べただけの浅い知識だと、ジュニアの頃から歌とダンスがずば抜けて上手かったんだってね神ちゃん。

 

ダンス好きなんだろうな〜っていうのが素人目でも分かります。

 

何せ私が沼への第一歩を踏み出したのは 逆転Winner でしたからね。

 

周りから見たらすごいと思っていることが、彼自身にとっては普通のことなんだからすごい。

 

どんなこともさら〜っとやってのけるから、ものすごく器用なんだろうな。

 

 

 しかも、ジャケット脱いだらノースリーブ。

そこからちらっと見える筋肉。

これはあかんやつですよ奥さん。

衣装さん天才神様ありがとう。

 

 

 

 

 

もうね『この部分がかっこいい!!』とかじゃない。

キメてるところはもちろん、撮影の合間のふとした表情ですらかっこいい。

全部かっこいい。

意味分かんないくらいかっこいい。

いや、これはまじで。

 神山智洋かっこよすぎです。

 

それなのに、そんなにもかっこいいのに、

「(髪色は)意識して銀にした」

「対になるでしょ?」

っていう神ちゃんはめちゃめちゃかわいい(泣)

 

笑ったところもかわいいし、喋ってるところもかわいいし、ギャップってこういうことよね…。

 

 

 

でもかっこいいって言ったらみんなかっこいい。

みんな違ってみんないい。

7通りのかっこよさであり、その違いがジャニーズWESTだよね。

 

そりゃ「おい、イケメン。」って呼んだらみんな振り向くわけですよ。

 

 

おちゃらけてわいわいガヤガヤ今日も楽しいよ!!大阪良いよ!!みたいな曲が多いから、ダンスさせたらこんなにかっこいいとかずるいわ。
もっと踊ろう踊ってください。

小瀧くんが死にそうだったけど。

そんな中で間違えた流星くんにキレてたけど。

あの2人が画面に映ると画面潤いすぎてやばいね。

女性ホルモンが活発になるよね。

 

声を大にして言うけど、君たち2人はどっちもイケメンです!!!!!!!

 

 

 

あぁ最高だなジャニーズWEST

あぁ好きだよジャニーズWEST。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中私が思わず叫んだのがあれです。

 

 

 

(ノノ_☆) Create the future baby. Do it now.

 (`-´ ) We gotta get down!

 

 

 

 

このパート直後にみんなを飛び越えて後ろから前に出てくるりゅかみ。

 

後ろから出てくるりゅかみ。

 

飛び越えて前に出てくるりゅかみ。

 

 

リアルに「うわあああああ」って叫びました。(近所迷惑)

 

 

私この2人と同い年なんですが、どう考えても同い年とは思えない。

 

こんな同級生いなかったって…。

 

 

 

それといい、なうぇすとのユニットといい、この2人やばすぎだな。

 

今後はりゅかみを推していこうと思います(真顔)

 

 

 

 

 

 

前にも買いたのですが、WESTの映像物をまだ何も持っていないので何かしら買おうと思っていた矢先、WESTファンの友人2人に

 

「ラキセはとにかく神ちゃんがやばいから絶対買ったほうがいい」

 

とゴリ押しされたので、最初に買うのはラキセにしようと思います。

 

 

 

 

 

その話のあとに

「まじ神ちゃんにはまったら終わりだよね〜」

という会話を聞いていた神山担は私ですどうも。

 

 

 

 

 

沼深きかな神山智洋

 

破門に入門した話

 

 

 

本日は2月24日(金)

プレミアムフライデーですね。

めっちゃ可愛いねエイトさん。

時々素の7人が見えるのがまた良き。

 

誘惑に負けてコンビニで讀賣新聞買いました。

 

 

 

f:id:universeee357:20170224212434j:image

 

 

 

か、かわいい、、、

かーーわーーいーーいーー!!!!!!!

 

 

「大倉くん髪型迷走中??」

「そろそろ髪切りませんか??」

こんな会話をこの間職場の後輩としました。

これがびっくり2人とも大倉担です。

 

 

 

 

 

 

 

そんな私、実際プレミアムフライデーとか全く関係ないですが、本日はシフトの関係でたまたまお休み。

やっと「破門」を観てきました。

 

 

 

全編関西弁とかまじかよ!!!!!!!

正直何言ってるか分からないところは若干あったけど楽しめました。

 

内容もキャストも予備知識ほぼなしで行きました。

ネットで『二宮くん!』『二宮くんが!』を見て

「嵐の二宮さんがどうかしたの??」

と思っていたレベルです。

役名すら知りませんでしたごめんなさい。

 

 

 

 A studio見た時からずっと気になっていた

『吐いたツバはよう飲まん』

このセリフはあのシーンだったんだな〜。

 

ちょっとずつ考えが変わって成長していく二宮くん、グータラちょいエロ貧乏だけど容姿端麗だし男らしいところあるじゃないですか。(全力で褒めてます)

 

怖気づいて隠してた度胸を見せた二宮くんかっこよかったです。

 

 

あと、1番最初の背景が黒のシーンの時の横山さん美しすぎた。

漆黒の旋風ヨコ。

横山の横山による横山のための黒。

 

 

 

 

 

あとね、桑原さんかっこよすぎるね。

佐々木蔵之介さんかっこよすぎるね。

そして嫁さんが美人すぎるね。

疫病神とブルース 最高だね。

 

 

 

 

 

中学の時の部活の顧問が佐々木蔵之介さんのこと大好きな先生だったな〜というのとをふと思い出しました。

 

ちなみに吹奏楽部だったんですけども、部室(音楽室)に佐々木蔵之介さんの写真を飾るとまで言っていたこともあった気がする。

 

飾らなかったけど。

 

自分の好きな人に向かって音を届けるのが大事!!ってことを言っていた気がする。

 

まあ飾らなかったけど。

 

 

 

友達は楽譜を入れているファイルの1番後ろのページに生田斗真(当時イケパラやってたから中津くんver.)を入れて、毎日それ見て頑張ってた記憶は鮮明にある。

 

私もそんなことをやっていた気がするけど全く覚えていないから私の記憶力あかんぜよ。

 

 

 

 

 

 

とまあ、そんな話はどうでも良くて、とりあえず破門面白かったよということです。

 

 

ただ、観ていた中で疑問に思ったことがありまして。

 

「破門と絶縁の違いって何…?」

 

馬鹿な私調べました。

 

破門→その組から追放処分される。後々復活できる可能性がある。

 

絶縁→その組はもちろん、その世界からも追放処分される。復活不可能。

 

 

どちらかというと破門のほうが軽いわけですねなるほど勉強になりました…。

 

 

 

 

 

 

さて、ここで私が今年に入ってから観た映画の半券を見てみましょう。

 

f:id:universeee357:20170224212519j:image

 

 

今のところ、ジャニーズが出ていて、ヤクザと絡んでいて、香港に行っていろいろやるやつしか観ていないという驚きの真実が発覚。

 

 

 

明日から始まる斗真さんの映画もそのうち観に行かなきゃ。

 

 

 

 

 

私とジャニーズWEST

私と◯◯シリーズ その5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズWESTにハマり、神山智洋沼に陥った、ど新規ジャスミンの戯言です。

 

 

まさかジャニーズ3グループ目に手を出すとは思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズWESTはデビュー当時から存在は知ってました。

VS嵐に出てたし、Mステにも出てたし。

 

「なんか関西色の強いジャニーズ出てきたな!!」

「あ、ええじゃないかの人たちだ(笑)」

ぶっちゃけ最初はそんなイメージ。

 

メンバーの名前も桐山くんと中間くんしか知らなかったし(アイドル誌読んでた頃にJr.で見たことがあった)、デビューして1年くらいは重岡くんのことはずっと海老沢と呼んでました(完全にドラマの影響)。

 

桐山!中間!海老沢!

あと分からない!

 

もう今となってはスライディング土下座で謝罪したい一件です。

 

 

 

そんな私もちょいちょいメンバーの顔と名前を覚え始めます。

 

正直関西どころか関東のJr.もよく分からない私なので、見たことない子達を覚えるのは結構大変でした。

 

(余談ですが、Hey!Say!JUMPのデビュー当初は薮くんと伊野尾くんの区別がつきませんでした。)

 

「彼は海老沢じゃない。重岡だ。」というところから始まり、1番最後に覚えたのは神ちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その神ちゃんに興味をもつきっかけが訪れます。

2016年。なんと去年。

 

「逆転Winner」を音楽番組で見ます。

 

この時私はこの曲を「異議あり!!のやつでしょ!!」と中間くんが好きな友人に言ってました。

 

ここで沼に片足突っ込むとは知らずに。

 

 

 

そこで初めて知るのです。

神ちゃんがあんなにダンスが上手いこと、歌が上手いこと、ハモりが上手いこと。

こんな子だとは知らず、ものすごく興味を持ちました。

 

「WESTだったら神ちゃんだな」

その頃からそう思い、いつしかお気に入りのメンバーになりました。

 

同時期にTSUTAYAに行って、WESTの1番最初のアルバムをレンタルして、毎日のように「えぇじゃないか」と「粉もん」を聴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして両足を沼に突っ込む時が来ました。

 

 

 

2017年2月5日(日)

そうです。ついこの間です。

なんなら今月の出来事です。

 

WESTのファンの友人にライブに連れて行ってもらいました。

 私が「異議あり!」と話していた中間くんファンの友人です。

私とその子と、私と同じくWESTに興味のある2人の共通の友人と、3人で行きました。

 

さすがにほぼ曲を知らずに行くのは失礼だなと思い、参戦4日前にアルバムを買って叩き込みました。

「one chance」に信じられないくらいどハマりしました。

 

 

ライブはとにかく楽しかった。

いや〜楽しかった〜!!

めっちゃ笑った〜!!

ピロピロできた〜!!

偶然にもジャニーズWEST3歳のお誕生日。

おめでたい日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私は完全に堕ちました。

神山智洋沼どぼんです。

 

神ちゃんって、音楽番組では決して目立つ方ではないしハモりとかで裏で支えているようなイメージが強かったんだけど、それが一変した。

 

とにかくガンガン前に出てくる。

堂々とセンターをはるかっこよさ。

ダンスはキレッキレ。

歌わせたらソロパートはもちろんハモりも抜群に上手い。

何でも出来てとにかく器用。

だけどふざける時はとことんふざける。

体力使いすぎて途中で座り込むのすら可愛い。

とりあえずサンシャイン神山。

 

会場に緑が多かった理由が分かりました。

 

 

 

 

 

そして気付いたことがもうひとつ。

 

WESTってみんな歌上手いよね。

全員が全員上手い。

 

1年前は「流星くんがもうちょい歌上手ければこのグループすげぇ伸びるだろうな〜」と思っていました。

 

 

流星くん上手くなったね!?!?泣

 

 

流星くんと神ちゃんのユニットとかまじ想像以上にかっこよくて死にそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして神山智洋と言う名の底なし沼に足を踏み入れました。

 

些細なきっかけがこんなことになりました。

こんなこととか言っているけど、超絶楽しいです。

 

 

この参戦以降、次にボーナスが入った時にはライブDVDを買おうと決意しました。

 

 

映像系を何も持っていないので、何かの音楽番組に出ていないかなと必死にHDDを漁った結果!!ありました!!

2016年末のベストアーティストに!!

 「逆転Winner」が!!

いやもう神ちゃんかっこよすぎ…

かっこよさに異議なんてありません…

 

 

私は神ちゃんに堕ち、中間くんファンの友人はさらにハマり、もう1人の友人はツインの魅力にやられてました。

 

 

 

 

 

 

ライブ終わりにそんな3人で口にした最初の言葉はこれです。

 

 

 

流星いけめんすぎない!?!?!?

 

 

 

 いけめんとは正義である。

 

 

 

 

 

 

 

『人生を変える 今日がその日になるような そんな気がしてる』

その歌詞通りに人生が変わった1日でした。

 

f:id:universeee357:20170222003119j:image

私と関ジャニ∞

私と◯◯シリーズ その4

 

 

 

 

 

 

 

このグループにハマったのは、他でもない大倉忠義との出会いからです。

 

 

 

2007年、必殺仕事人の新シリーズが始まると聞き、見ていたところに突然現れたのが彼でした。

 

 

「この人背高いしかっこいいしシュッとしてるし演技上手いな〜誰だろうな〜」

「(エンドロールで名前を見て)おおくら…ちゅうぎ??ちゅうぎ??すげー名前だなちゅうぎ!」

「主題歌歌ってるのか!いやこの人歌上手いな!」

 

 

後々調べて ただよし だと知ります。

大倉くんごめんね本当にちゅうぎだと思っていました(笑)

でもここからずっと変わらず大倉くんが好きです。

年数で言ったらそれこそ嵐と同じくらいになります。

 

 

キャラクター的にも源太くんはすごく好きだったので、途中で死んだ時はまじでショックでした。

いやいや途中で死ぬなんてことがあっていいのかよと。

まあ最後まで見たけどね。

 

 

とまあここで興味を持った大倉くん。

次はグループに興味を持ちます。

 

 

翌年2008年、何かの音楽番組で(おそらくMステ)関ジャニ∞を見ます。

その時は本当に名前も顔も分からなくて、知っていたのはすばるくんと錦戸くんと大倉くんだけ。

もうあとは本当に誰状態でした。

 

その状態で見たのが「急☆上☆show!!」

あれ?この人たちめっちゃ楽しそうだな?

大倉くんドラム出来るの??

大倉くんめっちゃかっこいいな??

ひとりじゃないよ!って何それセリフ??

 

 

さらに興味がわきます。 

 

 

そしてちょっとあいて2012年。

そうです。

LIFE〜目の前の向こうへ〜」です。

これを音楽番組で見てハート持って行かれました。

関ジャニ∞って楽器出来るんだ。

バンド演奏が出来るんだ。

大倉くんドラムめっちゃかっこいいじゃん…。

しかもソロパートあるじゃん超いいじゃん…。

 

 

その頃、前述したWEAVERとかflumpoolとか、バンドがとにかく好きだった私にとってはハマらない理由がありませんでした。

 

即メンバーの顔と名前を一致させます。

 

さらにさらに興味がわきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転機が訪れたのは2014年。

ちょうど私が専門学校を卒業して働き始めた年です。

 

 

特に用事がなくてもCDショップに行くことが好きで、ひとりで出かけた時には必ず行くようにしています。

 

その時も行ったんです。

そこで発見したんです。

「JUKE BOX」を。

 

関ジャニ∞のライブって面白くて楽しいって聞くし、ひとつくらい買ってみてもいいかな〜!」

「お、初回盤残ってる!これにしよ!」

 

なんとも軽率な動機で購入したDVD。

それが関ジャニ∞沼の始まりでした。

 

 

 

 

 

スクリーンに映るFINALの文字。

バンドで始まるライブ。

私の知らない関ジャニ∞、私の知らないジャニーズのライブがそこにありました。

 

それまで私が見たことあるジャニーズのライブって嵐だけだったんです。

嵐はまさにアイドルの王道ど真ん中を行く演出。

キラキラが似合うような人たち。

 

それとは全く違うものに圧倒されたのを覚えています。

あのOPは何回見ても鳥肌が立ちます。

 

 

バンド、ユニット、バラード、、、

もちろん私の知っているシングル曲もあったけど、バンド演奏に心打たれましたね。

 

 

特に「Your WURLITZER」からの「West side!!」

最高。最高以外に言葉が見つからない。

 

ああ、この人たちは音楽が好きなんだな。

歌うことも演奏していることも。

とにかく音楽が好きで好きでたまらないんだな。

そんな感情が全面に出ているのを見たのは初めてでした。

ましてやジャニーズ。ましてやアイドル。

こんなジャニーズがいたことを私は知りませんでした。

 

 

 

 

 

このDVDを見て数日後にはFC入会手続きをし、「関ジャニズム」で初参戦を果たしました。

 

2015年1月8日(木)京セラドーム

仕事5勤後に行ったあのライブを忘れるなんてことは一生ないと思う。

 

以来、ありがたいことに毎年ライブに行かせていただいています。

 

とにかくライブが楽しい。

楽しくてしょうがないんだよこれが!!

 

アイドル的なキラッキラした曲も、がっつりダンスをする曲も、みんなで一緒に踊ってわいわいする曲も、バンドでかっこよくきめる曲も、ノリ方が自由!

それはきっと多彩な楽曲のおかげ。

 

歌って騒いで飛び跳ねて、こんなに楽しいもの、もっと早くから知りたかった…と思うばかり。

 

あとMCが面白すぎる。

あんなにお腹抱えて笑ったMCは関ジャニ∞が初めてでした。

中身はほぼない、むしろ楽屋でもできそうなものをドームで、何万人という前でやる。

めっちゃくだらないんだけどめっちゃ面白い。

ああやっぱり関西人だな〜ってそういう時に思う。

あと単純に関西弁が好き。

 

その関ジャニズムのMCがダイジェストとはいえ、全公演分見られるんだから本当にいい仕事してくれてありがとうございますインフィニティレコーズ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして私は着実に沼っていきました。

もう抜け出せない。

まあ抜け出す気はさらさらありません。 

 

 

 

そして大倉くんがさらに大好きになりました。

もう31歳とはいえ、エイトの中では末っ子。

お兄ちゃんたちに甘やかされてすくすくと成長したビッグベイビー。

ドッジボールをしたらコソ倉発揮。

スポーツしたら手と足が変になる。

時々出ちゃうオネエ仕草。

ご飯をめっちゃ美味しそうに食べる。

食べるの大好きなのに甘いものはそんなに得意じゃない。

最近名前でメンバーにいじられる。

ライブに合わせて完璧に見た目を整えてくる。

彼が笑っている世界は平和。

歌上手い。ダンス上手い。

素面でカラオケ下ハモ熱唱しちゃう。

ドラムかっこいい。

ドラムめっちゃかっこいい。

とにかくかっこいい。

スーパーウルトラかっこいい。

究極、何させてもかわいい(末期)

 

 

そんな何させてもかわいい彼の言葉も好きです。

 

グループの良いところ悪いところ。

自分は、自分たちは、今こういうところにいる。

これからもっとこうしていかなきゃいけない。

そのためにはもっと頑張らなきゃいけない。

きっとグループを1番客観的に見ているのは彼だと思います。

1人の人間として、自分の言葉で、自分の思いを伝える姿が好きです。

そして最後には また来てね とか またここで会いましょう とか、そんな言葉を言ってくれるのも好きです。

 

 

夏から始まるツアーもどうか会えますように。

もうお腹痛くならないでね。

 

 

 

周りにたくさんいる緑を身につけた可愛い方々に負けないように、次もこのうちわを待つのです。

 

『大倉くん1位です』

(ANNサタデースペシャル参照)

 

f:id:universeee357:20170220224234j:image